ニュース

【南投】ハイカーが強盗に襲われ、木に縛られ放置

ハイカーが山中で2人組の強盗に襲われ、木に縛られ放置される事件が発生。

金曜日(3月19日)午前11時頃、30歳の男性看護師が南投県の魚池郷まで車で行き、日月潭国家風景区、
金龍山をハイキングしていたところ、2人組の男がいきなりハイカーの頭に鞄をかぶせ、ベルトで手を縛った。

その後2人組はハイカーを車の後部座席に座らせ、近くのATMまで連れていき、NT $ 40,000以上を
引き出させました。

午後2時頃、強盗は仁愛郷の人里離れた林道で、ハイカーを木に縛り付けてから奪った車で逃走したとの事。

約1時間後、ハイカーは鞄を頭から振り落とし、腕を縛っていたベルトを外すと、助けを求めて山を
歩き始めた。
縛られてから9時間後、通りがかった通行人の協力で警察に通報しました。
警察の発表によると、ハイカーの体調は良く、小さな打撲傷だけであるだけで、入院などの必要はないとの事。

翌日、警察が南投県の埔里鎮で乗り捨てられた車を発見、監視映像を確認した所、2人の容疑者は
以前から麻薬犯罪等の犯罪歴のある人物と特定した。

警察は現在、容疑者の追跡を継続中との事。

関連記事