ニュース

【台北】猫空ロープウェイが100日間サービスを停止

火曜日(4月13日)猫空ロープウェイを運営するTRTCは、8月30日からメンテナンスのため
100日間サービスを停止すると発表。

TRTCは、ケーブルの安全性に関する欧州規格に準拠して、15年に1度ケーブルを交換する
必要があり、今年がその年に当たるとの事。

ロープウェイのオーバーホールには4,700万台湾ドル(約1億7千万円)の費用がかかり、
その間の店舗のレンタル料やチケット販売による収益は4,000万台湾ドル(約1億5千万円)の
損失が見込まれます。

なお、2021年の年末には再稼働するとのこと。

関連記事