ブログ

【台湾】 成功しすぎ? 台湾の新型コロナ対策とその裏側!?

世界最高水準とも言われる台湾の防疫対策、そしてそれを裏付けるように少ない感染者数、
果たしてそれらは本当なのだろうか?

先日も記事で書いたが、飛行前3日以内検査」など、どうも感染対策や水際対策には
疑問点が多い、そしてインドでは1日40万人の感染者が出ているなど、世界中で
感染の再拡大が見られる現在、本当に台湾では国内感染は発生していないのだろうか?

私がこう考えるのは、ある噂を聞いたからだ。
その噂では「あるインターナショナルスクールで感染者がでたが、1日休校になっただけで
特に校内除染などは行われず、感染者が出たことも無かったことになった」という噂だ。

この噂、まったく根拠のない噂とも言い切れない、なぜなら実際にその噂が流れた前日
そのスクールは理由もなしに休校になっていたからだ。
そして、その噂には続きがある、それは「どうやら学校がお金を払って、感染者発生の
事実をもみ消したらしい」という噂だ。

「火のない所に煙は立たぬ」という言葉もある、果たしてあまりにも少ない国内感染者数は
信じて良いのだろうか。

関連記事