ニュース

【台湾】 新型コロナ感染が判明後に台湾へフライト

台湾のビジネスマンは、タイで新型コロナと診断された翌日に
「出発前3日以内検査の陰性証明」を持って台湾へ帰国。

この台湾人ビジネスマンは、台湾に到着した後、空港職員に症状を知らせ、
その後病院に送られ、同時にPCR検査を受け、火曜日に結果が出るとのこと。

中央流行疫情指揮センターは、この男性が提供した「出発前3日以内検査」の陰性証明を
調査すると発表、もし文書が偽造であった場合、最大NT $ 150,000(約55万円)の
罰金が科せられ、刑事責任を問われる可能性があります。

やはり、「飛行前3日前検査」は偽造されているのかもしれません、
今後の展開に注目したいところ。

関連記事