ニュース

【台湾】スエズ運河の台湾船 最悪のシナリオ

スエズ運河に停泊している巨大な台湾のコンテナ船を解放するのに最大2週間かかる可能性があり、
世界で最も重要な貿易動脈に大きな影響を与えます。

火曜日(3月23日)台湾のエバーグリーンマリンコーポレーションが運営するパナマ籍のコンテナ船が、
運河の真ん中で運河を塞ぐ形で座礁した。
世界の貿易量の約12%がスエズ運河を通過することを考えると、船の撤去が遅れると
世界の海運に大きな混乱が生じます。

水曜日(3月24日)、地元の港湾当局によると、船は強風によってコースから外れたと述べ、
水曜日に8隻のタグボートが船を動かすために派遣されたが、役立たたなかったと述べた。

この船は、中国からロッテルダムに向かっていた船で、新型の超大型コンテナ船でパナマ運河を
通過するには幅が広すぎると考えられていた。

サルベージの専門家によると、巨大なものを解放するのに最適な時期は満潮時で、次のチャンスは
日曜日と月曜日(3月27日と28日)に発生します、しかしそれまでに船を解放できない場合は、
次の機会は 12〜14日後まで待たなければなりません。

もし、間に合わなかった場合、地中海~紅海間の輸送への影響はさらに大きくなります。
なお、通常であれば毎日145万バレルの原油がこの運河を通過します。

関連記事