ニュース

【台湾】タロコ号脱線による死亡者は49人に修正

日曜日(4月11日)花蓮警察は、現在50人から49人に修正したと述べた。
台湾運輸安全委員会(TTSB)の初期調査によると、当初、車掌とその助手を含む50人が死亡し、
200人以上が負傷したと報告された。

衝突によりトンネル内の2両の車両が引き裂かれ、犠牲者の遺体は損傷が激しかったため、
DNA分析を行った結果、死者の数は50人から49人になったとの事。

列車には乗員乗客計498人が乗車しており、運転手を含む49人が死亡、200人余りが負傷した。
11日現在、28人が入院中だという。
なお、この中にはアメリカ人2人とフランス人1人が含まれます。

関連記事