ニュース

【台湾】チャイナエアクラスター 検疫ホテルで感染拡大

チャイナエアライン(中華航空)の操縦士や同社乗組員の検疫を受け入れていたホテルの
従業員から感染が広がっている。

チャイナエアクラスターでの感染者は2日時点で計24人となり、
今年1月に起きた院内感染の21人を超えた。

感染が判明したホテル従業員の家族、30代男性と30代女性は感染疑惑期間に
公共の場に出入りしており、同センターは彼らの行動歴を公表した。

公表された行動歴
30代男性:
4月27日午前11時30分~午後0時10分=路線バス254番
4月27日午後0時20分=セブン-イレブン京復店(台北市)
4月27日午後0時30分~午後2時30分=インド料理店Balle Balle(台北市)
4月27日午後2時50分~午後3時30分=路線バス672番
4月28日~29日午後0時50分~午後1時25分
4月28日~29日午後10時50分~午後11時20分=路線バス262番。

30代女性:
4月26日~28日=台北メトロ(MRT)頂溪駅-古亭駅-西門駅
西門町成都路でバスに乗り換え、先嗇宮まで乗車
4月26日午後7時25分~午後8時30分=レストラン72度C舒肥健康餐(新北市永和区)。

関連記事