ニュース

【台湾】国内感染3件を報告

水曜日(4月28日)、中央流行疫情指揮センター(CECC)は、国内感染例3件および
輸入症例3件を発表しました。

ケースNo.1112は、1106の親戚である70代の台湾人男性であり、
海外に行った経験がなく、無症候性です。

しかし、1112は感染が確認されるまでに様々な場所へ出没している。
行先と時刻は下記の通り

4月20日
午後1時20分から午後3時30分まで
桃園県平鎮区北興社区発展協会でダンス教室を受講。
午後4時
懶得煮客家麵食館陵店で食事。
午後5時から午後9時30分まで
中壢區のAmanda Dance Hallでダンス。

4月21日
午前9時から午後11時30分
桃園中部小学校の上級学習クラス。 

なお、CECCは上記の場所へ同時刻以降に行った人は、5月5日までに体調の変化があった場合、
すぐに医者の診断を受ける事を薦めている。

ケースNo. 1113は、昨日コロナ陽性としてリストされたチャイナエアラインのパイロットの
接触者としてリストされた10代の台湾人少年。

なお、少年と一緒に住んでいた他の2人の家族は、検査の結果、陰性でした。

ケースNo. 1114は、やはりコロナ陽性が判明した別のチャイナエアラインパイロットと
同居している親戚で、40代の台湾人女性であり、海外旅行の経験がなく、無症候性であると発表。

関連記事