ニュース

【台湾】外国人の滞在期限、10度目の自動延長

4月13日(火曜日)、内政部移民署は、昨年3月21日以前に入境した外国人を対象に、
滞在期限を30日延長すると発表した。

移民署の自動延長措置は今回で10度目となる。

対象者は、昨年3月21日以前にノービザや到着ビザ、停留(短期滞在)ビザで台湾に入境した外国人と
なっており、自動で延長されるため、特に手続きの必要は無い。

なお外交部は昨年の7月17日に「一律延長は今回が最後」と発表したが、移民署は先月12日、
9度目の自動延長措置を発表していた。

関連記事