ニュース

【台湾】外国人人材の増進のため、労働法を緩和する予定

台湾は昨年から外国人人材を誘致するための規則を緩和する計画を立てている。
改正された外国人の採用と雇用に関する法律は木曜日(4月15日)に閣議で議論される予定とのこと。

変更には、「永住権の取得基準」や「台湾で働く資格」、「健康保険」などの外国人の待遇に関するもの。
これは、台湾の少子化とそれに続く労働力不足に対する政府の回答の1つとされています。

計画によると、特定の分野の高度なスキルを持つ個人は、永住権を申請する前に、
台湾居住歴が現在は連続5年ですが、改正後は連続3年になる予定。

また、世界のトップ500大学の新卒者は、通常2年間の実務経験が必要ですが、それがなくても、
台湾でキャリアを積むことができます。
なお大学の基準は、今後議論の末に決定されるとのこと。

さらに、外国人労働者により良い生活条件を提供することも取り組むべき分野と考え、
外国人居住者は拡大された国民健康保険の適用範囲と税制上の優遇措置を受けるようになるとしています。

関連記事