ニュース

【台湾】屏東の初マグロ、キロ単価が過去最高値

4月4日、マグロの水揚げで知られる屏東県東港で、今年初の「屏東初マグロ」が水揚げされ
競りが行われ、全長2m強、重さ約190キロのクロマグロが193万台湾元(約700万円)で競り落とされた。
キロ当たり1万元の落札額は過去最高で、昨年のキロ当たり9000元を上回った。

今回の初マグロは3月28日、台湾南西の台湾海峡で捕獲された。
3月下旬にマグロが捕獲されるのは2003年以来だという。

なお先日花蓮で発生した脱線事故で200 人を超える死傷者が出たの受け、マグロを落札した飲食業者が
120 万元を寄付すると発表した。

関連記事