ニュース

【台湾】年末までに新型コロナが終息する可能性は低いとの見解

木曜日(4月22日)、中央研究院の廖俊智氏は、「2021年末までに通常の生活に戻る可能性について
楽観的ではない」との見解を示し、さらなる新型コロナワクチン接種を勧めました。

一部の地域では海外旅行が再開される可能性が高いが、ほとんどの国はそれほど早く回復できない
だろうと述べた。

廖氏は、世界中で新しいCOVID変異体が絶えず増加していることを指摘し、中央研究院の研究者が
ビッグデータを使用し、懸念される主要な変異体を特定していることを明らかにし、この病気に
対する抗体と医薬品が開発されていると付け加えました。

一方、ワクチンの接種が拡大しても、警戒を怠らず、フェイスマスクを着用し続けるよう国民に呼びかけた。

関連記事