ニュース

【台湾】旅行者のための検疫内容の緩和を検討

4月9日中央流行疫情指揮センター(CECC)は、「トラベルバブル」を利用しパラオを訪れたすべての
帰還者がPCR検査で陰性になった場合、今後の検疫措置内容を緩和するかもしれないと述べた。

最初の旅行者100人は、4月1日にパラオへ向けて出発し、日曜日に台湾に戻りました。
彼らは帰国後、最初の5日間を厳格な検疫措置、その後9日間の自己健康管理を実践する必要があり。
もし、彼らの中に陽性者が出た場合は追加の措置が適用される。

これまでのところ、帰国者全員がルールを守っており、このまま彼らから陽性者が出なかった場合は
今後の検疫内容を緩和する方向で見直すかもしれない
と付け加えた。

関連記事