ニュース

【台湾】最大の宗教行事、無事終了 延べ400万人以上が参加

最大の宗教行事「大甲媽祖巡行」が今年も行われた。

「媽祖」を乗せた神輿(みこし)が18日夜、台中市大甲の「鎮瀾宮」に戻り、
9日間にわたる全行程が終了した。
鎮瀾宮によれば、期間中の参加者は延べ400万人を超えたという。

最終日は日曜日だったため、夜になるにつれて鎮瀾宮周辺は人が増え、
媽祖様の神輿が到着すると、多くの信者らが押し寄せ、媽祖の安座を見守った。

この行事は毎年、媽祖の生誕月の旧暦3月前後に開催され、参加者は神輿の後を
台中、彰化、嘉義、雲林と約340キロを歩く。

去年は新型コロナの影響で開催が6月に延期され規模も縮小されてしまったが
今年は予定通りの開催となった。

関連記事