ニュース

【台湾】観光旅行再開は来年前半との予想

国立商工会議所のライ・チェンギ会長は、「台湾ではまだワクチン接種を受けていない人が多いため、
観光旅行への意欲は限られている」「旅行の活発化はワクチンが始まった後だろう」と述べた。

現在、各国は積極的にワクチンを購入し、ワクチンパスポートの発行を促進しているため、
流行は徐々に減速し、近い将来にはフライトを再開できると予想される。
これに伴い、第2四半期には各国がブロックを解除し、徐々に国境が開放されると予測しています。

そして今年の第4四半期から、各国の旅行会社や航空会社と観光旅行に関する連絡を再開する予定と述べた。

関連記事