ニュース 特報

【続報】台湾鉄道タロコ号事故、少なくとも36人が心肺停止

花蓮県で2日に発生したタロコ号の脱線事故で、約350人の乗客のうち、
少なくとも36人が心肺停止の状態との事がわかった。

警察局の発表によると、63人が医療機関に搬送されたが、72人がなお車内に閉じ込められており、
救助活動が継続されているという。

タロコ号は2日午前9時35分ごろ、トンネル内を走行中、作業車と衝突した。

関連記事