ニュース

アメリカ人YouTuberが台湾雇用ゴールドカードを取得

人気アメリカ人YouTuber、ヘイリージェーンリチャーズ(莫彩曦)さんが、Youtubeや外国メディアを通じて台湾を宣伝したことで、台湾政府から雇用ゴールドカードを授与されました。
内政部移民局(NIA)は、昨年リチャーズさんが提出した雇用ゴールドカード(就業金卡)の申請を承認したと発表しました。
承認理由として「リチャーズさんは23歳のサンフランシスコ出身で、台湾のポジティブなイメージを広め、世界的な舞台での台湾の認知度を高めるのに役立った」と述べています。

リチャーズさんはYouTubeや、CBSニュースベイエリア等のアメリカのTVプログラムで台湾への認識を深めました。
さらに最近では、パンデミックの間、台湾の支援に対して感謝する外国人のビデオを作成しました。
NIAによると、雇用ゴールドカードは、台湾での生活と仕事に関心のある外国人専門家に対して、8つの専門分野にわたって発行されており、
就労許可証、居住ビザ、外国人居住者証明書、再入国許可証を兼ねているため、外国人が利用できる他の種類のビザよりも柔軟な労働条件を選べるそう。

関連記事