ニュース

オーストラリアを低リスクリストへ追加

中央流行疾病指揮センターは、オーストラリアを低リスク国リストに追加すると発表した。
今後オーストラリアからのビジネス旅行者は、通常14日間の隔離機関が、5日間で済むようになります。
オーストラリアは5週間連続で低リスクに分類される基準に達したため、中リスクから低リスクへと変更された。
 3月1日以降、低リスク地域から訪れるビジネス旅行者は5日間、中リスク地域は7日間の隔離を受ける必要があります。

現在の低リスク指定されている国と地域は下記のとおり。
ニュージーランド、マカオ、パラオ、フィジー、ブルネイ、ラオス、ナウル、東ティモール、モーリシャス、マーシャル諸島、ブータン、オーストラリア。

関連記事