ニュース

カルフール台湾が食品安全違反で告発される

火曜日(3月9日)小売販売業Carrefourは、同社の支店の1つが食品安全法違反を犯していたという告発に応え、事件の調査を開始したと述べた。

カルフールの台北支店従業員であると称するFacebookユーザーの告発内容は以下の通り
「惣菜部門の監督者が売れ残ったローストチキンと蒸し煮を冷蔵庫に一晩保管し、再加熱して翌日販売するよう要求した」そして「これはCarrefour社の規則に違反している」といった内容であった。
この内部告発者は、監督者が調理済み食品を洗浄し、再度販売するために「大量の香辛料と塩を使って蒸し煮にすることを要求した」と付け加えた。

カルフールは火曜日の夜、「食品の安全性は会社の優先事項であり、サプライヤーや従業員が消費者の健康に害を及ぼすことを許さない」と言った内容の声明を発表した。

関連記事