ニュース

パラオの大統領は、「旅遊泡泡」ルールの緩和を歓迎

水曜日(4月14日)ウィップスJr.大統領は、パラオから帰国するための検疫規制を緩和するという
台湾の決定を歓迎すると述べた。

彼は、「旅遊泡泡」を利用してパラオから帰国する台湾人は、14日間の自己健康管理プロトコルに
従う必要があるという、台湾CECCによる発表に言及しました。

プロトコルには、「家の外で常にマスクを着用する」、「1日2回体温チェックする」、
「外食や大規模な集会に参加を避ける」ことが含まれますが、公共交通機関を利用することは
許可されています。

以前は、パラオから帰国してから5日間、公共交通機関の使用禁止や混雑した地域への訪問禁止などの
「強化された自己健康管理」規則を遵守する必要がありました。
また、行動と接触者全てを常に記録する必要があり、5日間の期間の後、さらに9日間の
自己健康管理規則に従う必要がありました。

関連記事