ニュース

パラオツアー 解禁前に完売?

オンライン旅行プラットフォームKKdayの調査によると、「パラオツアー」の予約者のほとんどが
「台北市」「新北市」に在住する25歳~44歳の住人であることが明らかになった。

KKdayは先週水曜日にパラオへのパッケージツアーを販売開始しましたが、16日の時点で
ツアーはすべて完売したと発表した。

なお中央流行疫情指揮センターはまだツアー解禁についての詳細を発表していません。

分析によると、ツアーを予約した約1,000人は、80%以上が25〜44歳で、
そのほとんどが台北と新北市に住んでいることが明らかになった。

昨日、旅行会社が発表したところによると、パラオツアーが開始された場合、
最初の2週間はチャイナエアラインが、週に2回のチャーター便を、
そして3週目には、エバー航空がサービスを開始するため、
パラオへのチャーター便が4便利用可能になる予定です。

さらにパラオパシフィック航空が第4週から週に1便を追加する予定と付け加えた。

なお台湾とパラオ間の航空協定により、各国が提供するフライトの数は週8便に制限されているという。

関連記事