ニュース

一生「鮭魚之夢」と名乗る事になった大学生

日本の人気の回転寿司チェーンスシローは、月曜日(3月15日)にFacebookで、名前に「鮭魚」
と入っている人のいるテーブル全員の食事代を無料にすると発表。

台湾では生涯で3度だけ名前を変える事が許されているため、3月17日と18日で100人以上が名前を変えました。

中国医薬大学の漢方医学部の張さんもそんな中の一人。
彼は、無料の寿司を食べるために急いで世帯登録事務所に行き、「張鮭魚之夢」と名前を変更する
届け出をだしました。
しかし、申請が終わり新しい身分証明書を受け取る時に世帯登録事務所の職員に
「すでに3度目の変更なので、これ以降名前を変更することはできない」と言われ、
その言葉を聞き絶望した彼は、両親に黙って名前を変更したので、どうすることも出来ず途方に暮れていました。

木曜日(3月18日)、弁護士のリン氏がフェイスブックで、解決策を提示します。
それによると、法律(姓名條例)は、「三親等以内の親戚がまったく同じ名だった場合」に
名前を変更できると述べています。
リン氏は、彼の父親または別の近親者が名前を「鮭魚之夢」に変更した場合、
彼は名前を変更する機会があると仮定しました。
そして早期解決のために、早く家族に事態を知らせ助けを求める事を薦めた。

台中市民事局は水曜日(3月17日)、「名前を変える前によく考えなさい、これらの記録は戸籍に
永久に記録されるので、衝動的な変更をしないように」と呼びかけた。

最後に「名前は一生あなたについていきます」と付け加えた。

関連記事