ニュース

今年、台湾で海外旅行を計画しているのはたった18%

先週発表された世論調査によると、2021年に海外旅行を計画している台湾人はたった18パーセントだけだったことが明らかになった。

今回の調査は新型コロナが少しづつ落ち着きをみせ、旅行の需要が戻ってきたため、その需要を見極めるために行われたとの事。
調査を委託したAirbnbによると、ほとんどの台湾人は海外旅行の再開に躊躇しており、台湾人の67%は、年末までに海外に旅行するつもりはないと述べました。

関連記事