ニュース

【台中】台中のMRTが乗客を乗せた試運転再開

台中市長の盧秀燕が記者会見を行った。

再開された試運転は4月23日まで、期間中は無料で乗車でき、4月25日から商用サービスが開始されます。
昨年完成した台中唯一の地下鉄は11月16日に試運転を開始したが、テストの6日目にカップリングの
不具合を理由に一旦サービスが停止されました。
カップリングの交換が行われ、システムの精査と安全チェックを何度も繰り返した後、
18本の列車すべてが安全に走行できることが確認されたと述べた。
グリーンラインは、北東の北屯中央駅と南西の台中高速鉄道駅の間を結ぶ16.71kmで駅数18、
片道の所要時間は約32分。

なお、このプロジェクトの費用は、政府から提供された328億台湾ドルを含め、合計593億台湾ドル
(現在の為替レートで20億9000万米ドル)です。

 

関連記事