ニュース

台北MRTで最も多い犯罪は「チケット詐欺」

月曜日(3月29日)にTRTC発表によると、台北MRTで最も多い犯罪は「チケット詐欺」であるとされ、
MRT職員の「目視」が最も効率的なツールと公表しました。

TRTCによると、過去5年間で、MRTで最も頻発する違反の上位3位は、チケット詐欺、キセル、車内での飲食の順でした。
通常のカード所有者が自動改札を通過するとライトは点灯しませんが、高齢者や障害者用のカード所有者が通過すると
黄色のライトが点灯し、駅員はこのライトと利用者の外見に目を光らせていると述べた。

台北MRTでは年間約2,800件の違反を発見し、合計で約NT $ 370万の罰金が科せられています。
内訳は1日平均3件のチケット詐欺事件、2件のキセル、2件の車内飲食であり、
MRTの1日の利用者200万人としてはかなり低い数字だろう。

関連記事