ニュース

台湾の経済自由度、日本・韓国を上回り世界6位に

米シンクタンク、ヘリテージ財団が発表した2021年版「経済自由度指数」で台湾は5つ順位を上げ、6位に躍進。
国家発展委員会は「自由で開かれた経済を推進してきた成果」が国際社会に評価されたとの見方を示している。

なおこの調査は、今回184カ国の国と地域が対象となり。
上位5位はシンガポール、ニュージーランド、オーストラリア、スイス、アイルランドとなっており、台湾が続く。
日本は23位、韓国は24位となった。

関連記事