ニュース

台湾スシローのキャンペーンで改名者続々

日本の寿司チェーン「スシロー」が台湾で展開する店舗にて「氏名に「鮭魚」(サケ)が付く人の
食事代を無料にする」キャンペーンを開始したのを受け、改名する人が相次いでいる。
台中市の民政局によれば、17日正午までになんと15人が「鮭魚」が入った名前への変更を申請したという。
この話題の盛り上がりに便乗する形で、南部の各県市の首長はフェイスブックで地元の海鮮の
自慢合戦を展開し、来訪を呼び掛けた。

台湾スシローが開始したキャンペーンはサーモンフェアの実施に合わせ、17、18日の2日間、
氏名に「鮭魚」(サケ)が付く人の食事代金を1テーブル無料にするというもので。

15日に実施を発表すると大きな注目を集めた。

台中市によれば、17日午前8時ごろ、西区戸政事務所に女子大生から「郭鮭魚丼飯」への改名申請があった。
対応した職員が改名の動機を尋ねたところ、「寿司店のキャンペーンのためで、家族は改名を知らない。
後でまた元の名前に戻す」と答えたという。

この騒動に便乗する形で、台南市の黄偉哲市長はフェイスブックで、改名する人がいることに触れ、
「きっと彼らは台南人ではない、台南人ならサバヒーこそが一番美味しい魚だと知っているから」
と発言。「まずは台南に食べに来て」と名産のサバヒーをアピールした。

それに続く形で、屏東県の潘孟安県長も同日、フェイスブックに皿いっぱいの刺し身の写真を投稿し、
「鮭魚に改名する必要はない。屏東では豪快な刺し身が食べられる!」とアピール。
「海鮮を食べたいなら屏東においで」とアピールした。

2首長に続いて高雄市の陳其邁市長は同日午後、「たくさんの人から『なんで高雄はサーモンの文章を
出していないのだ』とせっつかれた」とユーモアを交えて投稿。
「私は陳ハタ」と自己紹介し、「身が柔らかいハタが登場すれば、どんな魚も降参する」と
美味しさに太鼓判を押した。

さらに内政部(内務省)は同日、フェイスブックで、「名称変更の上限は原則的に1人3回である」ことを紹介。
自分の名前を大切にし、戸籍事務の資源を無駄遣いしないよう求めた。
なお余談ではあるが、国民身分証の更新には50台湾元(約193円)の手数料がかかる。

関連記事