ニュース

憲法裁判所が台湾原住民の狩猟権を取り上げる

火曜日(3月9日)に憲法裁判所は、台湾東部で保護指定動物を狩るために銃を使用した先住民のハンターの有罪判決の合憲性についての討論を行いました。

多くの先住民活動家が司法院の前で夜通しデモを行い、公聴会の早朝には儀式を行った。
申立人の1人、60代の先住民族のブヌン族の男性タマタルム(王匡祿)は、銃、ナイフ、弾薬を管理する法律および野生生物保護法に違反したとして、
彼は2013年に違法なショットガンで、カモシカやホエジカを殺した罪で3年半の刑を宣告されました。
彼は、94歳の病気の母親に新鮮な肉を与えるために動物を撃ったと主張し、無実を訴えています。

彼の判決は2017年に執行猶予とされ、それ以後、彼は法律扶助財団の助けを借りて有罪判決と闘っています。

関連記事