ニュース

日本へのパイナップル輸出はすでに6200トンを受注

本年度の日本国内からの注文はすでに6,000トン以上を事前受注しており、これまでの記録をすでに超えています。
陳吉仲農業委員会は、日本がすでに合計で6,200トンの注文をしており、日本へのパイナップル輸出の新記録を樹立したと述べました。
このペースが維持されれば、本年度は157000トン(日本のパイナップル消費量の15%)のシェアを得ることが可能だろうとし
もし、20%のシェアを得ることができれば、「失われた輸出」を取り戻すことができるとした。
しかし、現在の日本のパイナップル主要取引先はフィリピンであり、今後はフィリピンとのシェア争奪が課題であるともしている。

関連記事