ニュース

米国上院議員 米国税関国境警備局設置への台湾の応募を支持

米国議員は先週、米国の税関に、インド太平洋地域で初のに米国行きの乗客を事前に通関する
システム導入について、台湾の応募を承認するよう求める書簡を発表しました。

この手紙には、米国の議員が9人署名しました。
国土安全保障局の税関国境保護局(CBP)は、「現在のコロナ禍が終息後、台湾の桃園国際空港に
米国の税関と国境保護の事前許可施設を設立する」ことを提唱した。

提案されたCBPステーションは、台湾からのインバウンドの乗客が長蛇の列を避け、航空会社のゲートへの
アクセスを許可することを可能にし、「入国許可されない」旅行者が搭乗するのを防ぎ、
到着時にスクリーニングが必要な乗客の数を削減することによって混雑を減らすと指摘しました。

これにより、乗り継ぎ便を逃すリスクが低くなり、桃園空港とそこで運航する航空会社は、
CBP施設のない米国の空港への直行ルートを開くことで競争力を高めることができます。

関連記事