ニュース

鳳梨釋迦(アテモヤ)を中国ではなくドバイに輸出開始

中国の台湾産パイナップルに対する輸入禁止措置を受けて、台東県は代わりに
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに
鳳梨釋迦(アテモヤ)を輸出することを決定した。

例年、台東の南東部地域では鳳梨釋迦(アテモヤ)を中国に輸出していたが、今回の件を受け、
輸出先を中国に頼らず、市場を多様化することを選択した。

鳳梨釋迦(アテモヤ)の最初の貨物は、水曜日に台東を出発し、高雄港に向かい
4月4日にドバイに到着する前予定。

台東は毎年14,000トンの鳳梨釋迦(アテモヤ)を中国に輸出しており、輸出の95%を占めていました。

関連記事