ニュース

10メートルの馬が中世記念堂広場にお目見え

金曜日(3月12日)紙風車劇團が公演「雨馬」を開幕します。

台湾の小説家シャオ・イエーによる同名の児童書を原作とした「雨馬」は、高さ10メートル、7トンの馬が舞台に火と水を放ちます。
また、花の女王は、第50回金鐘奨の候補者である女優のクリスタルリン(林雨宣)が演じています。

なお講演は3月12日と13日の午後7時30分に開演。
国家ホールの外にある自由広場では、3月25日から28日まで国立国父紀念堂に巨大なインスタレーションが展示され、
3月27日と28日にショートプレイが行われます。

関連記事